手書きフォントの決定版「さなフォン」は一家に一台レベルで欲しい必携フォント【フォント紹介004】

手書きフォントの決定版「さなフォン」は一家に一台レベルで欲しい必携フォント【フォント紹介004】

おはようございます。
バーチャル地球外生命体の櫻井眞尋と申します。

私はふだん仮想的な存在としてYouTuber、ブロガー、ライター等を自称した活動をしており、その活動の中で見出し画像や動画テロップなど、文字を使った画像を作る機会が多く存在します。

その中で大量の画像を作っていると、フォントがゲシュタルト崩壊を起こしてきて、自分が今見ているものが文字なのか記号なのか、はたまたアダムスキー型未確認飛行物体からの暗号なのか、判別がつかなくなるときがあります。

そんなときにはいっそフォントではなく手書きで文字を書き込んでしまいたい…とは思うのですが、動画とか画像で手書きの文字を入れるのは面倒ですし、そもそも自分で書いたへたくそな字を晒すというのは、あまり気が進みません。

あぁ…どこかにそんな悩みを一発で解決してくれるような無敵で素敵なフォントは無いものか。

というわけで、そんなフォントを探してきましたので、今回はこちらをご紹介します。

フォント概要

「さなフォン」は沙奈さん制作のオリジナルフォント。サインペンやボールペンで書いた感じの、細い線のフォントです。見た目があまりフォントフォントしていないため、かっちりせず少し雰囲気を崩したいときの使用に適しています。

フォントサンプル

「さなフォン」のサンプルはこちら。
画像をクリックすると新規ウィンドウで開きます。

サンプルに使用したのは下記文字種です。特殊文字は含んでいません。
・ひらがな
・カタカナ
・全角/半角数字
・全角/半角アルファベット(大文字、小文字)
・漢字

さなフォンには全ての文字幅が統一されている等幅フォントの「さなフォン」と、文字によって文字幅を調整してあるプロポーショナルフォントの「さなフォンP」が存在します。使う場面によって使い分けできるのは嬉しいところ。
漢字は第一水準・第二水準と収録されているので、一般的な日本語表現にはおおよそ不足はないかと思います。また、絵文字が収録されていますので、活用次第で文章の雰囲気を明るくすることができます。

利用条件、ダウンロード

フォントは無料で利用可能ですが、商用の場合は用途ごとに使用条件が定められています。使用前にかならずフォント同梱のReadMeファイルを確認してください。

動画で使う分には非商用であれば公序良俗に反しない動画であれば基本的にOKですが、クレジット表記が必要なのでその点はご注意ください。

ダウンロードは沙奈の文字箱さんのサイトから行えます。

オススメの利用方法

動画内での字幕表示や、手書き風の演出にオススメです。

手書き風フォントは収録文字数が少なかったり、文字にクセが強かったりと、使い勝手の良いものが少ないのがネックではあるのですが、さなフォンは収録文字も豊富で文字自体のクセも少なく、非常に使い勝手が良いです。

その反面使用時の成約が他のフォントと比べて多く、特に商用利用の場合は要確認となるケースが多いため、実際の使用が難しくなる方もいるかもしれません。

それでもその欠点を補って余りある使い勝手の良さを持っているので、愛用する方も多いフォントの一つに数えられています。